まるゼミニュース

「中高生の問いストーリー」 イラストレーターを紹介します!

いよいよ公開です

「中高生の問いストーリー」の公開まで残りわずか。
問いストーリーでは、中高生の探究学習の事例を “漫画” にまとめて発信します。
3月11日より http://toi-story.com/ のURLからご覧いただけます!

より多くの人に探究学習の取り組みを知ってほしい。中高生を応援してほしい。
そんな想いから生まれた企画です。

キーメッセージは、「その中高生たちの問いが、まちをおもしろくする」。
さまざまな問いとアクションが気仙沼で湧き起こっています。

漫画は順次公開されますので、楽しみにお待ちください!

気になるイラストレーターさんは?

さて、漫画で発信するとなると、漫画を描いてくれる人が必要です。
今回問いストーリーの制作に協力してくれたのはこの方!

イラストレーターのサユミさんです!描かれた中高生、羨ましい….!

サユミさん:漫画・イラスト・記事などなんでも手がける。
気仙沼での生活の様子を漫画で伝える「沼のハナヨメ」やおかえりモネの概要をまとめた「おかえりモネが楽しみすぎる日記」など、様々な人気作品を持つ。

 

彼女には、まるオフィスの原作を画にしてもらうだけでなく、生徒のヒアリングにも同席していただいています。
一人一人のストーリーを読み解き、細部まで丁寧に描いてくださるサユミさん。
今回はサユミさんからコメントを頂戴しました!


漫画制作を通して感じたこと
問いストーリーの漫画を描くにあたって、若い世代の中高生の話に触れられたのが嬉しかったです。
ヒアリングでは、動機はどこにあるのか? 本心がどこにあるのか?というポイントを意識して話を聞いていました。
漫画はより多くの人に広められる手段の一つだと思うので、少しでも探究活動をしている中高生を皆様に伝えるお手伝いができたらいいなと思います!

中高生に向けてメッセージ
若いというのは何よりもアドバンテージになることです。
ぜひ、周りの目を気にせずやってほしいなと思います!
先生や周りの大人が求めていることを探るのではなく、自分が好きだと思えることで動いてほしいです。それが物事を進める上で一番強いエンジンになると思うので、自分の持っている動機を大切にこれからも頑張ってください!


今回中高生の問いストーリー内で紹介する漫画は、全12作品。
サユミさんの手によって、それぞれのキャラクターが引き立つ漫画に仕上がっています。
漫画に登場してくる企業や地域の大人を見て「あの人だ!」と想像される方がいるかもしれません。
ぜひ、イラストにも注目してご覧いただければと思います!

(文・あみ)

まるチューブ

ピン留めニュース