まるゼミニュース

【東日本大震災から10年】今だから語れる気仙沼の高校生のホンネ【8歳の震災、18歳の未来】厳選カット

東日本大震災から10年が経ちます
筆者が気仙沼に移り住んで10年になる春でもあります

その節目に、気仙沼の10年を伝えたい。でもどうやって伝えよう?
できれば気仙沼のすっぴんを見せたい。化粧をしたって仕方ない

そうか、18歳の高校生の声を聞いてみよう

彼らの10年前は8歳。ぎりぎり震災の記憶が鮮明な最後の世代
「10年前の震災?はっきり覚えてますよ」みな口を揃えます

彼らの10年前は8歳。もう震災前の記憶がない最初の世代
原風景としてのみ心の中にある
「正直、震災前のまちなみってもう思い出せないんです。でも私は海岸通りのまちなみが好きだったんです」

そうか、今の18歳は絶妙な境目だったんだ
最初で最後の「復興ネイティブ」の彼らは、気仙沼の10年をどう評価するんだろう
そんな彼らは、次の10年をどう眺めているんだろう

「10年前子どもだった私たち高校生が、震災をきっかけに志して、今こうやって挑戦を起こしているのを知ってほしい」

驚きました。10年経った今伝えたい気仙沼は、自分たち高校生の姿だと口々に言うのです。このまちで一体何が起きているんでしょう?

日本中で2021年の3.11を次の10年につなげる1日にしたい
まるゼミが高校生とともにお送りします「8歳の震災、18歳の未来」

(加藤拓馬)

《ノーカット版》
それぞれの高校生インタビュー・ノーカット版はこちらのリスト

《中高生のわくわくを育てる まるゼミを応援してください》
● 月1,000円〜定期寄付をしていただく
● 年30,000円〜企業/団体協賛をしていただく

少額定期寄付会員「まるクルー」はこちらから登録いただけます。
https://maru-office.com/support/​

まるクルーや協賛企業の皆さまには、四半期に一度のシーズンレポートと年間レポートをお家にお届けします。また、Facebookの限定グループから日々の活動をご覧いただけます。

高校生の挑戦の日々のサポートは皆さまからのご寄付とご協賛を充てて活動しております。まるゼミを応援よろしくお願いします!

お問い合せ:https://maru-office.com/contact/​

《Special Thanks》
タイトルの声 / 小野 友莉亜さん / 気仙沼高校
インタビュー会場 / 男山本店さん / 気仙沼ゲストハウス 架け橋さん / 日用品と喫茶 ハチワレ堂さん

《制作チーム》
インタビュアーとクリエイティブの担当 / 志田 淳 / 気仙沼独創倶楽部
インタビュアー / 藤岡 愛理 / 気仙沼独創倶楽部
撮影と編集 / 加藤 広大
ディレクションとインタビュアーと編集 / 加藤 拓馬
制作 / 一般社団法人まるオフィス

チャンネル登録よろしくお願いします。

まるチューブ

ピン留めニュース